3D/VR/AR対応、ブロックチェーンベースのウェブ空間

取引所でのトークン:


もうじきローンチ!
ユニットの売買と交換は:

MARK.SPACEとは?

プロジェクトについて

MARK.SPACE はインストールや登録不要の、ブラウザで利用できるオルタナティブ・リアリティー。既存のVR機器(カードボード、VRゴーグル/ヘッドセット)にも対応しています。お店、オフィス、銀行、映画館、クラブや趣味趣向別に作成されるコミュニティや住宅(個人の空間)と,何でもありの世界です。

MARK.SPACEは次世代インターネットと言って差し支えないでしょう。3D/VRに対応している膨大な数のWebサイト(ユニット)は、それぞれが独自のドメインを持てるので独立していながらも、ブロックチェーンベースのトランザクションとアカウントシステム、そして検索エンジンと繋がっている。また、MARK.SPACE内のユニット間の空間は自由に行き来する事が出来ます。

MARK.SPACEの世界が形成されている基盤であり、最小の単位と言えるのがユニットです。ユニットは特定のアドレス、面積を持ち、お隣さんもいる仮想物件になります。ユニットの登録、売却、レンタル等の操作はもちろん、所有権もブロックチェーンで記録されるので、情報セキュリティ面が保障され、他ユーザーへの売却と賃貸はスマートコントラクトにより行われます。

世界中のSNS利用者は30億人を数え、SNSをコンテンツの消費とユーザー及びブランド間のコミュニケーションにおける主要ツールたらしめています。Web3DとVRのビジュアル面、そしてコミュニケーションツール(P2P音声会話、空間でのオブジェクトのインタラクティブ性、マルチキャストストリーミング)の性能が発揮されることで、MARK.SPACEでのユーザーの仮想生活は実生活のそれに極めて近いものになります。

課題とソリューション

T商業プロジェクトの仮想化に対する需要は以前からあるが、店舗の徹底した仮想化とコストの観点から現時点では実現は難しい。

解決方法:
私達は、プログラミングと3Dモデリングのスキルが一切なくても、商業用VR空間のプログラミング・モデリングが行えるプラットフォームの作成に成功しました。

区域

博物館や美術館の訪問に距離はもう関係ありません。ニューヨークにいても,ロンドンのナショナル・ギャラリーはクリック一つで楽しめます。

自分だけのオリジナルインテリアを作成して友達に見せましょう。
有名人のマンションにも遊びに行けます!

実店舗での買い物を推す人も,インターネットでの買い物がいつもに増して簡単になるので、ショッピングへの接し方が近いうちにガラッと変わるでしょう。現実世界の商店街を散歩しながらするショッピングとなんら変わらない経験を楽しみながら、貴重な時間を節約できます。

ビジネスのやりとりはよりスムーズに、パートナーとの面会等は一層効果的になります。これからは時間とお金を節約して、同じ部屋にいるかのように世界各地のパートナーと会話ができるようになりました。

近日公開

ユニット

  • 自動車産業

  • 外食業界

  • ビデオゲーム業界

  • ショッピング

  • アダルト
    コンテンツ

  • 映画とエンターテイメント

  • プレゼンテーション

  • 賭博

ロードマップ

2015
2016
2017
2018
2019
2020

パートナー

メディア

チーム

アドバイザー

Stay tuned!

このウェブサイトに掲載されている情報は MARK.SPACE の一般公開情報ではありません。このウェブサイトに掲載されている情報に基づいた行動に対する責任を弊社はは一切負わないものとします。あなたがアメリカ合衆国又は中華人民共和国の国民,居住者(課税対象者その他),グリーンカードの所有者又は上記二国を何らかの方法で代表している場合,MARK.SPACEのトークンを購入する権利を持たず,購入してはならない。

MARK.SPACE, 140 Paya Lebar Road #10-09 AZ@Paya Lebar Singapore 409015